In English En français

助成

application 

 
クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)の助成金を申請するには、まず関心表明書(letter of inquiry)を提出して頂く必要があります。その際、申請する対象地域の「エコシステム・プロファイル」に含まれる”戦略指針及び投資優先事項”(Strategic Direction and Investment Priorities)を確認してください。エコシステム・プロファイルには、CEPFの支援に関する指針や内容が記載されています。申請するプロジェクトが、助成金対象となるためには、エコシステム・プロファイル内の優先事項(Investment Priorities)の少なくとも一つと関連している必要があります。プロジェクトのタイトルは関心表明書の「Strategic Direction from the Ecosystem Profile」の項目に記入してください。
 
 
2万ドル未満の提案事業に関しては、関心証明書の全ての項目を満たしてお送りください。2万ドル以上の助成金を必要とする提案事業に関しては、CEPF事務局からプロポーザル提出依頼を受けたのちに、完全なプロポーザルを提出して頂くことになります。
 
 
関心表明書を提出する際の手続きと期限は、地域によって異なります。CEPFは、対象地域の助成金の全てが割り当てられた時点で、プロポーザルの受付を停止します。応募希望者は、申請の関心を持つ地域が、助成金申請を受け付けているか、CEPFのウェブサイトで確認することをお勧めします。
 
 
応募者は、100万ドルまで助成金を申請することが可能ですが、プロポーザルには必要だと考えられる助成金の最大値よりも低い値を記入してください。原則として、CEPFの支援は、CEPFの環境保全目標を最も良く満たしているプロジェクトを構築すること、できるだけ多様な関係者を支援することを目的としていることを留意してください。


関心表明書

関心表明書は、プロジェクトの全体像をCEPFが理解するためのものです。一般的に
2~3ページの文書で構成され、以下の事項が含まれている必要があります。
 
  • 理論的かつ環境保全の必要性に関する説明を含んでいるプロジェクト
  • 簡潔なプロジェクトの説明(保全の必要性および提案する戦略・活動など)
  • 提案事業とその地域のエコシステム・プロファイルに沿った戦略的指針との関連性についての明確な説明
  • プロジェクトに関連する潜在的なパートナーや利害関係者についての説明
  • CEPFの助成金を越えた部分でプロジェクトが持っている、長期的な持続可能性や発展性に関する説明
応募書類は、cepfgrants@conservation.org.までメールで送信するか、もしくは、指定された以下のアドレスまで送付してください。
 
選考プロセスに関しては、書類受理後にCEPF事務局よりご連絡致します。応募プロセスにおける質問はcepfgrants@conservation.orgまでご連絡ください。
 
 
●応募用紙ダウンロード
関心表明書(Letter of Inquiry Application)(WORD - 34 KB)
 

●申請書の送付先について
2万ドル以上の助成金を必要とする場合の関心表明書は、cepfgrants@conservation.orgまでメールでお送り下さい。
 
2万未満の助成金を申請する場合は、対象地域ごとに以下のアドレスへお送り下さい。