In English En français

プレスリリース

2015/01/13
新事務局長就任について
CEPFの新事務局長にオリヴィエ・ラングラン氏が就任
2014年8月7日
エクゼクティブ・ディレクターからのメッセージ
これまで多くの皆様の活動、熱意やプロフェッショナリズム、そして私たちのコラボレーションの成功に、絶えず希望を与えられ続けてきました。様々な思いの中、この手紙を書くのはさびしい限りです。
2014年7月3日
CEPF、ウォーレシアにてエコシステム・プロファイルの準備開始、支援先の優先順位を設定へ
CEPFは、インドネシアと東ティモールにまたがるウォーレシア生物多様性ホットスポットへのエコシステム・プロファイル策定を開始、保全活動を必要とする地域に優先順位が設定されました。今後5年間に最大500万ドルの助成金支給を行います。
2014年5月22日
インドビルマ・ホットスポットの生物多様性の危機の解決へ、新規助成金
国際生物多様性の日の今日、インドビルマ・ホットスポットの絶滅危惧種保護推進のため、助成金申請の新ポートフォリオ設立を発表
2014年6月11日
5年間の成功を踏まえ、CEPFはインドビルマ・ホットスポットへ1000万ドルの追加投資を決定
5年前に立ち上げたインドビルマ・ホットスポット助成金プログラムは、現地の環境保全専門家らが策定した戦略に基づいています。過去5年間の成果を検証し、支援第2段階に向け更なる成果を上げるための3日間のワークショップが開催されました。
2013年3月19日
現地コミュニティに寄り添った環境保全
自然資本は急速に失われつつあります。世界中の動植物種が、自然絶滅率の100倍から1000倍という驚異的な速度で消滅しているのです。
September 27,2011
カリブ海に追いつけ
CEPFグラントコーディネーターのカリブ海報告です。
Aug15, 2011
中央アメリカホットスポット:キャパシティビルディングの向上
100年以上の間、南西ニカラグアのラマやクレオルの人々は自らの土地を管理する権限を守る運動を続けてきました。今、その成果は確実に実を結んでいます。
June 17,2011
ハイチ最新報告
ハイチの環境NGOが新大統領に面会し、環境に対する取り組みのマニフェストを手渡しました。
March 29,2011
東ヒマラヤホットスポットにおけるプロジェクト成果報告
ヒマラヤ東部のCEPF受益者達は2010年12月6-8日、ブータンで開かれた評価ワークショップで多くの成果を報告しました。
August 5, 2009
マンタリンガハン景観保護区域
フィリピンのアロヨ大統領(当時)パラワン諸島の120.457へクタールをマンタリンガハン景観保護区域として設定しました。(英語)
September 1, 2008
太平洋で保全活動を推進するための新たな資金源
太平洋の自然保護に資金拠出:ポリネシアーミクロネシアホットスポットでは700万ドルの新規支援が5年計画で投資されることが決定。(英語)
May 22, 2008
フェニックス諸島では、鳥類の生存を脅かす外来種の脅威
科学者グループはラット駆除の緊急ミッションに関して、フェニックス諸島遠隔保護区域に向かう。