In English En français

ストーリー

2017年10月24日
生物多様性の回復:『トキ』
トキ(学名:Nipponia nippon)は古代から日本に生息している鳥で、日本書紀(720年編纂)にも出てきます。CEPFエグゼクティブ・ディレクターのオリビエ・ラングラン氏が実際に佐渡を訪れてレポートします。

生物多様性ホットスポットにおけるマルチセクターの取り組み
2015年7月30日(木)18時30分から、世界銀行東京開発ラーニングセンターにおいて、「生物多様性ホットスポットにおけるマルチセクターの取り組み」セミナーを開催します。

2015年3月5日
カリブ海における気候変動 パート3:「グレナダにおける長期的な生計維持のために」
カリブ海の気候変動に対する回復力を構築するために革新的な活動を実施している、CEPF受給団体の事例紹介を3回にわけてお伝えしています。今回は第3回目(最終回)です。
2015年2月16日
カリブ海における気候変動 パート2 「ジャマイカにおける淡水生態系の支援」
カリブ海の気候変動に対する回復力を構築するために革新的な活動を実施している、CEPF受給団体の事例紹介を3回にわけてお伝えしています。今回は第2回目です。
2014年12月10日
カリブ海における気候変動パート1「市民社会の挑戦」
カリブ海の気候変動に対する回復力を構築するために革新的な活動を実施している、CEPF受給団体の事例紹介を3回にわけてご紹介します。今回は第1回目です。
2014年10月7日
協働保全活動: 生物多様性回廊 (コリドー) の保全を通じ、NGOと地域経済の双方を支援
かつて象たちが自由に移動することができた、モザンビークのフティ回廊 (コリドー) 。当地の自然保護団体が連携して活動することで、再びその環境を取り戻すことができるかもしれません。
2014年10月7日
タンザニアの森林を讃える式典 世界環境デーに開催
2013年6月5日にタンザニアのムフィンディで開催された国連環境計画 (UNEP) の「世界環境デー (WED)」記念式典は、タンザニアの豊かな森林への賛美がテーマでした。
2014年7月10日
マンタリンガハン景観保護区域、フィリピンの「最優秀保護区域」賞を受賞
フィリピン・パラワン島のマンタリンガハン景観保護区域(MMPL)は、2013年10月に開催された第1回自然保護区域アワードで「最優秀自然保護区域賞」を受賞しました。
2014年7月1日
自然保護インセンティブ・プログラム:エクアドルの生物多様性ホットスポットの静かなる革命
アンデス山脈北西のエクアドル、トゥンベス・チョコ・マグダレナ生物多様性ホットスポットにある生命力溢れたこの場所で、自然保護と地域開発の橋渡しのための静かな革命が起きています。
October 29, 2013
革新的メカニズムがインドのSatoyama、複合利用地の景観(ランドスケープ)を保全
Satoyamaとは、現在ではより広範な社会生態学的生産ランドスケープ、つまり森林や農業用地その他の複合的ランドスケープを指すものとして使われています。
December 19, 2012
淡水源保全による貧困削減へ
CEPFのラオス・セコン盆地における淡水源保全支援の資金援助終了後も、政府からの支援が継続し、現地コミュニティの発展促進と生物多様性保全への継続的な取り組みが進められています。
October 29, 2012
インドを訪ねて…
これは、重要な生態系を守るための、精巧かつ多面的なアプローチのほんの一部分を表しているに過ぎません。
7/30/2012
ポリネシアのシンボルを救う
ウミガメは、ポリネシアに暮らす人々にとって文化的、精神的シンボルとされてきましたが、いまや絶滅の危機に瀕しています。

July 26, 2012
ドミニカ共和国に初の民間保護区を設立
民間、公共、そして非営利組織から成る投資家共同事業体(コンソーシアム)により、ドミニカ共和国に初の民間自然保護区、プリヴァダ・ゾルザル保護区が設立されました。
June.15.2012
バードライフ、CEPFと協働するフィジーのコミュニティが赤道賞を受賞!
バードライフ、CEPFと協働するフィジーのコミュニティが赤道賞を受賞!
June.11.2012
空に浮かぶ島々 ~サモア島雲霧林の保全~
サモア島初の生態系短期集中調査
May.12.2012
ブタやアフリカアシネズミ、ティラピアが、ギニアの森林に生息する野生動物たちを救う
希少な野生動物を狩猟から保護するために、新たなタンパク源を得るための生計プロジェクトが開発されました。
April.22.2012
東メラネシア諸島でエコシステム・プロファイルを作成中
ニューギニアの北東と東に位置する東メラネシア諸島の生物多様性ホットスポットで、CEPF基金の保全戦略ガイドとなる、エコシステム・プロファイルの作成が始まりました。
Mar.14.2012
熱帯アンデス:CEPF現地パートナー、ボリビア地元基金が促進する道路建設工事と社会・環境配慮の両立
CEPF現地パートナー、ボリビア地元基金が促進する道路建設工事と社会・環境配慮の両立
Feb.22.2012
インド西ガーツ:フランス―インド間のデータ共有技術、環境保全活動の拡大を支援
CEPFの資金援助により、西ガーツの生物多様性と生態系機能について閲覧できるWeb ポータルが作成されました。
Oct.3 2011
グローバルフェスタに参加!
国内最大級の国際協力イベントグローバルフェスタに、CEPFが出展、助成金セミナーも開催されました。

March 17th, 2011
日本の皆様へ
2011年3月11日に発生しました、東北地方・太平洋沖地震により被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げます。
October 18th, 2010
生物多様性戦略目標
"CEPF基金が、この惑星の未来を守るために、素晴らしい成功を導き出したことについて、喜びを  隠さずにはいられません。なぜなら、現代において非常に困難かつ重要な課題に取り組むための  新たな道筋を示してくれたからなのです。"
  ジェームズ・D.ウォルフェンソン ウォルフェンソン&カンパニー社会長、CEPF理事会議長
October 18th, 2010
CEPF-10周年記念
CEPFは10周年を記念して、”クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金の10年- Investing in Life”を発行します。
October 18th, 2010
ご招待
2010年10月18日ー29日まで、第10回生物多様性条約締約国会議(COP10) が名古屋で開催されます。開催期間中の10月25日、クリテイカル・エコシステム・パートナーシップ(CEPF)基金ではCOP10本会場に隣接する名古屋学院大学にてサイドイベントを開催致します。 COP10参加登録者以外もお気軽に ご参加ください。
October 17th, 2010
松本 龍 環境大臣 CEPFに関する談話を発表
松本 龍環境大臣より、CEPF10周年記念に際してコメントが発表されました。